プロフィール

ヴァイオリニスト・音楽博士 劉 薇 Liu Wei(りゅう うぇい)

1984年
西安音楽学院管弦学部ヴァイオリン科を最優秀で卒業、同学院にてヴァイオリン科教師を務める。
1986年
来日、桐朋学園大学音楽学部に留学後、東京芸術大学大学院修士課程、博士課程修了。ヴァイオリンを丁仕剛、馬紹寛、隋克強、林耀基、江藤俊哉、浦川宜也の各氏に師事、論文指導を片山千佳子、楽曲分析を南弘明の両氏に受ける。
1999年
博士学位論文「ヴァイオリニスト・作曲家としての馬思聡研究」 及び馬思聡作品の演奏により、日本のヴァイオリン演奏分野では数少ない博士号(音楽D.M.A)を東京芸術大学より授与される。東京カザルスホール、紀尾井ホール「博士学位取得記念劉薇ヴァイオリン・リサイタル」を開催、絶賛を博す。来日以来日中音楽文化交流の使者として多くのコンサート活動を重ね、特に馬思聡の研究、演奏両面のスペシャリストとして高い評価を得ている。
2000年
夏アジア音楽週間で東京交響楽団と共演、同年秋ニューヨーク・カーネギーホールで「楽韻飄馨」音楽会に出演、フィラデルフィアでリサイタル。
2001年
紀尾井ホールにおけるリサイタルは大成功を収め、NHK-FM放送、TV出演など活動は多岐にわたる。
2002年
北京中央音楽院の招きにより、馬思聡生誕90周年記念行事にてリサイタルを開催。
2003年
5月東京、大阪にて来日15周年記念3回シリーズ・リサイタル開催。「劉薇CDアルバム・馬思聡のヴァイオリン曲集」は音楽界に大きいな反響を投げかけている。
2004年
日本各地、中国など演奏活動に追われるも、最新CDアルバムVol.3「馬思聡晩年ヴァイオリン作品集」、「劉薇・美しきロスマリン~珠玉のヴァイオリン名曲集」を日本音楽財団より貸与された、1736年製の名器グァルネリ・デル・ジェスで録音し発売。〜2009年フェリス女学院大学オープカレッジで講義『アジアの近現代の音楽』
2005年
岐阜、京都、長崎、広島、金沢でリサイタルを開催。
2006年
来日20年記念演奏「新たなスタートに向けて~劉薇ヴァイオリンリサイタル」を浜離宮朝日ホールで開催、馬思聡の《ピアノ五重奏曲》および日本人作曲家助川敏弥氏の《竜舌蘭~遠い雨・劉薇さんのために》の初演を行い、絶賛を浴びる。また、広島、金沢コンサートのほか、「劉薇八ヶ岳コンサート」(やまびこホール)や津田ホールコンサートを満席で飾る。馬思聡の《2つのヴァイオリンのための無伴奏ソナタ》を世界初演行う。 
2007年
NHK=FM「名曲リサイタル」に出演、アイルランドコンサートを実現のほか、室蘭工業大学開学記念演奏や札幌光塩学園女子短期大学新校舎落成記念演奏、足利市民運動男女参画のつどい講演と演奏など、東京・大阪・広島にてリサイタルを行う。
2008年
スペインコンサートツァー、NHKホールにて「オリンピックコンサート2008」に出演し、新日本フィルハーモニー交響楽団との共演をNHKTVで放送される、ドレスデンゼンパーオーパー管弦楽団奏者と「劉薇とドレスデンの音楽家による室内楽の夕べ」(津田ホール)で馬思聡弦楽四重奏曲を日本初演行う。アムステルダム・ロイヤル・コンセルトヘボウ奏者と「弦楽三重奏特別演奏会」、宋慶齢基金会劉薇コンサート、広島リサイタル、山口コンサー及び金沢北國新聞赤羽ホール落成記念「劉薇リサイタル~オーケストラ・アンサンブル金沢の仲間たちと」を行う。
2009年
「日本のヴァイオリン作品集」CD発売記念 浜離宮朝日ホール リサイタル、「光塩学園記念演奏会」(札幌キタラ大ホール)、劉薇ヴァイオリンコンサートin山口長門(ラポールゆや)。
2010年
「劉薇と室内楽の仲間たち ウィーン周辺の作曲家を中心に」、成城音楽散歩第1回「劉薇ヴァイオリンリサイタルin成城」、AFS友の会劉薇チャリティーコンサート、湯布院 玉の湯・臼杵 喜楽庵コンサート、中国江南3都市コンサートツアー、コンサート「成城響きあう街」。
2011年
サントリー小ホール「劉薇後援会設立10周年記念〜劉薇ヴァイオリンリサイタル」は大成功を収める。「稲城平和コンサート」、中国貴州省演奏ツアー、中国シルクロード蘭州・新疆ウルムチ演奏ツアー、中国広州演奏ツアー。
2012年
八ケ岳・平山郁夫シルクロード美術館〜日中国交正常化40周年特別展・記念演奏会、秋田・国際教養大学〜講演と演奏、府中けやき平和チャリティーコンサート、清泉女子大学クリスマスチャリティーコンサートなど幅広く活動を行う。



現在、演奏活動と同時に講演(中国文革嵐の中での音楽的経験を新聞雑誌テレビで紹介される)も多く行い、人々に感動を与える。共立女子大学国際学部で講義「アジア論~中国の芸術」を担当。


写真:英伸三(上海 和平飯店前)

Site TOP > Music HOME > Biography